ニュース

News

Home  >  ニュース  >  「リージョナル・カンファレンス」を実施しました!

「リージョナル・カンファレンス」を実施しました!

2017/07/07 お知らせセミナー・ワークショップ

リージョナル・カンファレンス「瀬戸内海の産業から考える地域と環境 ~水島・豊島の現場をたずねる~」」が7月1~2日に行われました。
このプログラムは、水島工業地帯、瀬戸内海、豊島(てしま)を訪問し、日本の産業発展の光と影を学ぶ企画です。岡山大学から留学を目指すグローバル人材育成コースの学生と合同で実施されました。
1日目は、水島工業地帯を見学し日本の高度成長を学ぶ一方、産業発展の副産物である大気汚染や水質汚染の歴史と現状を学習しました。また、瀬戸内の漁業体験を通じて、海の環境変化や生態系の変化を学びました。
2日目は、豊島の産業廃棄物不法投棄現場の視察や、産廃処理施設を見学しました。さらに、住民会議の代表者との交流や日本人学生とのグループワークを通じて、日本が経験してきた高度成長の光と影を学ぶとともに、日中韓が抱える共通の課題を日本人と一緒に熱く議論しました。

 
  • students' Report 学習レポート
  • 動画 Movie
  • パンフレット Pamphlet
  • 事業の概要と成果 Conception, Expansion and Deepening of CAMPUS Asia Program
  • 5年間の成果と新地平 The Five-Year Experience and a New Horizon for Cooperation
  • シェアハウス
岡山大学キャンパスアジア協定大学
岡山大学
吉林大学
成均館大学校

このページの最上部へ