ニュース

News

Home  >  ニュース  >  2017年度 ナノバイオコース派遣プログラム(韓国 成均館大学校)

2017年度 ナノバイオコース派遣プログラム(韓国 成均館大学校)

2017/09/01 お知らせナノバイオコース

 

ナノバイオコース派遣プログラムが2017年9月22日(金)ー26日(火)で行われます。

韓国でトップクラスの名門大学である成均館大学薬学校(School of Pharmacy, Sungkyunkwan University )に岡山大学薬学部の学生を派遣することにより、国際的な視座の中で薬学を学んだ学生、大学院進学後に海外留学を目指す学生、および東アジアを中心に国際的に活躍できる中核的人材(アジアン・クラット)となる学生の育成を目指しています。今年度から成均館大学薬学校(SKKU)の英語で開講されている薬学部正規授業の体験的な聴講とSKKU学生との交流を行う5日間の派遣プログラムであるキャンパス・アジア事業ナノバイオコース派遣(短期)プログラムをコアとする「特別講義(国際連携薬学人材育成プログラム)」として実施します。成均館大学薬学校は、世界遺産「水原華城」がある水原市(Swon)(仁川空港からバスで約1時間)のスウォン・キャンパス(自然科学系)にあります。

本プログラムでは今回5名の学生が参加します。海外で日本との違いを実際に体験し、帰国後に大いに役立てて、将来国際的に活躍できるアジアン・クラットとなってくれるよう期待しています。

 

 
  • students' Report 学習レポート
  • 動画 Movie
  • パンフレット Pamphlet
  • 事業の概要と成果 Conception, Expansion and Deepening of CAMPUS Asia Program
  • 5年間の成果と新地平 The Five-Year Experience and a New Horizon for Cooperation
  • シェアハウス
岡山大学キャンパスアジア協定大学
岡山大学
吉林大学
成均館大学校

このページの最上部へ