ニュース

News

Home  >  ニュース  >  吉林大学ー岡山大学ー成均館大学三大学交流週間 が行われました!

吉林大学ー岡山大学ー成均館大学三大学交流週間 が行われました!

2017/10/25 お知らせ

キャンパス・アジアコンソーシアム校である、中国の吉林大学において、10月13日(金)に

岡山大学代表団、韓国・成均館大学代表団が集まり、「三大学交流週開幕式」が行われました。

岡山大学からは神崎浩理事長をはじめ、プログラム担当大安喜一教授、人文社会系、環境系、医歯薬系から各代表者また、交換留学中の学生、短期交流プログラムに参加した学生の合計19名が出席しました。韓国・成均館大学からはキャンパス・アジア事業団をとりまとめている文科大学からの代表者たちが出席、吉林大学からもキャンパス・アジア事業団のある、国際交流処張処長、副大学長、及び、各学部から代表者が出席し、盛大に行われました。

各大学の代表者挨拶があり、吉林大学張国際交流処処長からは「今年2月に岡山大学で行われたキックオフミーティングでの約束がやっと果たせたことは大変うれしい。ようこそ吉林大学へ」という歓迎の挨拶をいただき、成均館大学文科大学権学長からは「今後も三大学で良いアイデアを出し合い、キャンパス・アジアをよりよいものにしていきたい。」という意気込み、本学神崎理事からは「これまで活発に行われてきた学生交流を更に進めていくと共に、将来の東アジアにおけるリーダーをいかに育てていくか、そのための戦略のひとつに国連「持続可能な開発(SDGs)」を位置づけていることを伝え、自分の住むコミュニティから、東アジア、そして世界的に活躍できる人材を育てていきたい」という考えを述べました。

キャンパス・アジアプログラム実務会議や、各分野毎に交換留学の面接を行ったり、実務的な話し合いが行われ、気温は岡山よりもはるかに寒い10度以下であったが、温かいもてなしと三大学との交流がより深まった実りある吉林大学訪問となった。

 

 
  • students' Report 学習レポート
  • 動画 Movie
  • パンフレット Pamphlet
  • 事業の概要と成果 Conception, Expansion and Deepening of CAMPUS Asia Program
  • 5年間の成果と新地平 The Five-Year Experience and a New Horizon for Cooperation
  • シェアハウス
岡山大学キャンパスアジア協定大学
岡山大学
吉林大学
成均館大学校

このページの最上部へ