学習レポート

Students' Report

Home  >  学習レポート  >  短期留学プログラム  >  身近に感じられるようになった韓国

Students' Report 学習レポート

短期留学プログラム

 

身近に感じられるようになった韓国

 私は今回の語学研修で初めて韓国に行きましたが、とても充実した3週間で、韓国のことがより身近に感じられるようになりました。最初韓国での生活が始まったときは、街中の看板やお店の人とのやり取りも全て韓国語で、当たり前だとはわかっていても、戸惑うことがたくさんありました。ですが、常に韓国語が目や耳に入ってくる環境で勉強できたことは、とてもいい経験になったと思います。

 韓国語の授業は、最初は先生の韓国語を聞き取ることに一生懸命でしたが、先生がやさしい単語やジェスチャーを使ってわかりやすく説明してくださったので、聞き取りの練習にもなり、また、その内容も理解することができました。文法の授業では、すでに習った内容に関して理解を深めたり、新しい表現を学んだりすることができました。そして、会話の授業では、実際に文法の時間に学んだ表現を使ってクラスの人や先生と会話をしたので、いろいろな表現に触れることができました。クラスには、日本人だけではなくて、アメリカ人や中国から来た人などもいたので、英語の必要性も感じました。韓国に興味があって、韓国語を勉強しようという同じ目標を持つ人たちと一緒に勉強できたことは、韓国語を勉強していく上でとても励みになりました。毎日成均館大学の正門からの長い坂を上っていくのは少し大変でしたが、それも今回の語学研修の思い出の一つとなったように思います。

 それから、韓流と韓国文化、日本文化についての南先生のお話も、共感できるものがありました。K-POPや韓流ドラマは、韓国に興味を持ついいきっかけになるけれど、それだけではわからない韓国の文化があるのだとわかりました。実際に3週間韓国で生活してみると、トイレに紙を流してはいけなかったり、足を踏まれても謝られなかったり、店員が携帯電話でドラマを見ていたりと、日本とは違い驚くこともたくさんありました。しかし、そのような文化の違いにもきちんと理由があるとわかり、また逆に、外国人が日本に来て日本の文化に触れたときのことも想像できるようになって、違う国の文化を理解する方法について視野が広がったと思います。

 また、FRIENDSの人との交流もとても有意義なものになりました。ソウルタワーや漢江といった観光名所だけではなく、戦争記念館のような韓国の歴史を知ることができる場所にも連れて行ってもらって、現在の韓国についてや韓国の戦争の歴史について、日本ではなかなか聞く機会のないことを教えてもらいました。韓国と日本は地理的にはとても近い国どうしにもかかわらず、文化面では異なるところが意外と多くあるとわかりましたが、互いに理解しようとする姿勢を持つことが大切なのだと感じました。今回の研修で出会った人たちとのつながりを、これからも大事にしていきたいと思います。

 今回の語学研修で、授業の先生の韓国語は理解できるようになりましたが、食堂やお店での店員さんとの会話はうまくいかないことが多かったので、もっと勉強しようという意欲がわいてきました。これからも継続して勉強して、韓国人と韓国語で会話ができるようになりたいという目標もできました。今回の研修でたくさんの人にお世話になったので、これから韓国の人と交流する機会があれば積極的に参加して、少しでも手助けができればと思います。3週間は長いようであっという間でしたが、日本にいるだけではわからないことをたくさん知ることができたので、本当に貴重な経験になりました。

全ての短期留学プログラムへ  全ての学習レポートへ

このページの最上部へ