学習レポート

Students' Report

Home  >  学習レポート  >  短期留学プログラム  >  自分を変えてくれた短期留学

Students' Report 学習レポート

短期留学プログラム

 

自分を変えてくれた短期留学

 今回の韓国での短期語学留学についていうならば、楽しく充実していたの一言に尽きます。

 この留学は成均館大学で午前中はずっと韓国語を年代、国籍の違う少数の人数に分かれて学び、そして授業が終わったら午後からは自由時間になり自分の好きなように過ごせるというものでした。授業では文法と会話の二つの内容に分かれており、授業中はすべて韓国語で説明され理解しないといけませんでした。最初は本当にやっていけないように思いましたが、1,2週間が経つと意識しないでも先生の言葉が聞き取れるようになり、それからより楽しく授業を受けていきました。私のクラスは半分が日本人であとは中国の方とロシアの方でしたが、みんなとても積極的でやる気にしてもらえるような人たちでした。先生の厚意でクラスの人と野球観戦、焼肉やトッポギ発祥の店に連れて行ってもらい、授業の時間以外でより仲良くなることができました。素晴らしい人たちと出会えて本当に良かったです。またトウミの子とも2回待ち合わせて出かけました。1回目は弘大に連れて行ってもらい人気の韓国料理店でご飯を食べ、カラオケに連れて行ってもらいました。韓国のカラオケはものすごくきれいで広く日本と違う雰囲気でした。韓国のカラオケには日本の曲も入っており私は韓国の曲で歌えるものがなかったので日本の曲を歌いましたが、ほかの人はノリノリで韓国語の曲を歌っていて羨ましかったです。2回目は景福宮に行きました。朝鮮時代の中で最も有名な王宮でとても広く開放感のある王宮でした。韓国語でゆっくりとなるべく私達がわかるように説明してくれ、ちょっとですがどんなところかはわかりました。そのあと仁寺洞へと行き韓国のお茶の専門店でお茶を飲みました。そこで韓国語と日本語で日本と韓国の違いとか大学でどんなことをしているかなどを話して別れました。トウミの人は親切でとてもいい人なので一緒にいて楽しかったです。

 その他の時間は岡山大学で一緒に留学している人達とソウルのいろいろなところに行きました。最初は地下鉄に乗るのがとても不安で寄宿舎のあたりでぶらぶらしていたのですが一回乗ってみると便利さがよくわかりました。しかも地下鉄の案内がとても分かりやすいように作られており感心しました。そして地下鉄を利用して梨大や明洞で買い物をよくしました。だいたいのものが日本と比べとても安く不安になるくらいでした。また寄宿舎の近くは劇場やクラブなどがたくさんある場所で探索しているとジャズクラブを見つけ夜に行って聞きに行くこともしました。まあまあの広さで演奏者との距離が近く観客もよく声をだし賑やかでしたし、演奏は観客と一体となっておこなわれ聞いているほうもとても楽しく聞くことができました。あとすごく良かったのがチンチルバンでした。韓国に留学経験のある先輩に連れて行ってもらい、中に入ると最初は暑いだけで不快だったのですが、2回3回と入るうちに汗が水のようにするすると流れ出て体が浄化されているようでした。

 サウナの良さが分かった体験でした。そのあとお風呂に入ったのですが、地元のおばさんに背中を洗うように頼まれて洗ってあげ、その人と話をしたりとびっくりするようなことがたくさんあったチンチルバンでした。他には水族館まで行ってみたりもしました。毎日必ずどこかに出かけていたので疲れることもありましたが、知らない土地を歩くだけで楽しく毎日が新鮮でした。特に同室の人と協力して生活し仲良くなれたことが大きな収穫でした。これからも関係が続いていけたらいいなと思います。

 ちょっと書いたことを振り返ると遊んでばかりのような気もしますが、毎日習ったことの復習はきちんとしていました。そうじゃないとなかなかついていけなかったと振り返って思います。しかし日常生活では自分で韓国語を話すことが全くできなかったのでこれから話せるように頑張って学習したいと思います。今回の短期留学によって私は自分の中の視野が留学前より広がりより積極的になれたような気がしています。今は他の国への留学も考えるようになりもっと学生の間にたくさんのことを経験したいと思っています。そう思えるように自分を変えてくれた今回の短期留学にとても感謝しています。本当にいい経験でした。

全ての短期留学プログラムへ  全ての学習レポートへ

このページの最上部へ