学習レポート

Students' Report

Home  >  学習レポート  >  カンファレンス  >  日本のチャラクター産業について

Students' Report 学習レポート

カンファレンス

 

日本のチャラクター産業について

 日本の大衆文化中の一つである「キャラクタ」は、単純に「マンガ」, 「アニメーション」、「キャラクター」に止まらなく、産業の一部分で使われるということに、その意義がある。 これはキャラクターを日常生活中でも持続的に消費させる行為に当たることで、生活用品中でも、自分が好きな「キャラクター」を直接選ぶようにして、それを使って、また消費するようにすることにその意義がある。したがって、これは産業の基本的な原理と同時に、産業の構造と話すことができる。

 このような「キャラクター」を消費して、産業化することにおいて、日本は全世界1位に置かれていると話しても、過言ではないだろう。日常生活どこでも「キャラクター」が消費して生産されている姿をよく見られるからだ。しかし、このような「キャラクター」の産業化は、単純に産業の構造論理にだけ当たるのではなく、日本の‘文化’を話すことに大きい影響を及ぼさざるを得ないと思う。それなら日本の ‘文化’を話すにおいて「キャラクター」はどんな意義を持っているだろうか。

 私たちはここで日本「キャラクター」の全般的な特徴をよく見られる。 日本で一番人気があるキャラクターと話しても過言ではない、「キティ」を先によく見れば、「キティ」が、口がないキャラクターということを見られる。またキャラクター‘リラッククマ’を見ても口がない、キャラクターということを分かることができる。

 しかし、「リラッククマ」と「キティ」の場合をよく見れば、口がないキャラクターということは、基本的に「‘私の話を聞いてください」のような、意味を持っていることを分かるようになる。話し手と青磁がある時、徹底的にその「キャラクター」は青磁に符合したからだ。 聞くことはできるが、言える口はないからだ。したがって、このような「キャラクター」の消費が増加することは、日本の文化をよく現わしてくれる一つの指標と考える。 韓国では珍しい、一人で食べることができる個人的な空間が多い日本の食堂姿でも、よく分かることができる。このような現象は日本の「個人化」を加速化させることができると思う。「個人化」というのはすなわち、個人の自由さがもっと重要視されて、個人主義が加速化になるというのだ。

 現代文学作品の場合でばかり見ても、断絶された空間が好きながらも、結局、さびしがるとか、それをさびしさだと感じることができずに、どんな感情なのか気になる登場人物たちが出る姿でもこのような現象を見られる。このような「キャラクター産業」の文化は、21世紀、日本を代表している独特の個人文化だと考える。

 ここで日本の「こだわり」という言葉が作われたと思う。私は一年間日本で、小さな食堂が人気がある面影や、個人が直接すべてのものを選んで決めることができる商品等をたくさん見た。これは日本の個人の自由さと、個人の個性を重要視する文化を現わすに十分だと思う。このような個人文化が今までの「こだわり的」文化を作って、このような個人主義文化が、日本の重要な文化だと思う。それで、私は後にも、もっとこのような現状が加速されると思っている。そして、この現状の中心には「キャラクター産業」も大きい役割をしていると思う。

全てのカンファレンスへ  全ての学習レポートへ

このページの最上部へ