学習レポート

Students' Report

Home  >  学習レポート  >  カンファレンス  >  私の見た日本感じた日本

Students' Report 学習レポート

カンファレンス

 

私の見た日本感じた日本

 

 私の見た日本感じた日本は不思議な国である。まず日本語は不思議なものである。普通の文字ならひらがな、かたかな、漢字とローマ字四種類があり、古典のかなにもかかわらず。外来語をもたらした多様の発音習慣のために、新しい発音かなも増えてきた。英語やフランス語、ドイツなどの単語を少し「加工」して、本家のちょっと違って新しい単語を作り上げる。日本語の単語はよく二つの読み方があり、いわば音読みと訓読みだ。特殊な読み方もある。例えば、今の時代で「日本」は「にほん」の発音に慣れるが、テレビのアナウンサーとか司会者はよく「ニッポン」と発音する。それでどうしてでしょうか。そして、同じ言葉でも、違う読み方によって意味も異なる。「市場」なら、「いちば」の場合は、各種の日用品、食料品の小売店が何軒集まって消費者に売る市場であるが、「しじょう」なら、時間、空間にこだわず供給関係があるの市場である。我々外人い人たちは、日本語の難しさを痛感する。そして日本人の造語力に感心する。

 しかし、日本人の創造力はここまではまだまだだ。精密な機械やハイテクの製品など、むしろ日本人の日常生活は「創造力」に支えると行っても過言ではない。日本は、海外から受け入れるものは多いけど、日本に着くとなんとかもともとの様子に変えて、「日本らしい」ものになる。原産地に見直さなければならないほど、その驚かされたの想像力のおかげで。

 例えば、日本人が大好きな中華料理の中で、たくさんのは中国人は中国で食べたことない「中華料理」だ。私は天津飯好きだ。しかし、天津へ遊びに行ったとき、天津飯を見たことはない。天津の方に聞いて、向こうは「天津飯」ということを耳にはいたことはないと答えた。「天津の名料理をときたら、饅頭や饅頭、天津飯なんかデタラメを言うな。」実際、天津甘栗も天津産ではない。本格の中華料理ではないけど、日本人が自ら加工して、「made in Japan」の中華料理は確かに中国人の私の胃袋を奪った。日本人はミックス好きだ。和中、和洋、どんなに形でも上手く調和できる。一見奇抜なファションでも、日本人を着し、予想を外しておかしくない。賑やかな繁華街で和服を着る古風な女性がゆっくり歩く姿は和らげる。日本人の「ミックス」は「自分流」優先することは特色である。つまり、外来物のメリットに日本人固有のものと結合して、新しいものを作り上げる。こういう「ミックス文化」は日本人の日常生活の隅々に染み込んでいる。外国人の目から、絶対「ミックス」できない部分も日本では全然大丈夫。各部分もバランス良くを保持して共生していく。例えば、宗教。たくさんの日本人は「自分は宗教の信徒ではない」と思うが、実際普段無意識的に宗教活動に参加する。生まれたばかりの子供を連れて、神社へ参る。大人になったら、キリスト教会で結婚式を行われ、神父の前に誓う。節分やお盆など仏教に関連するお祭りに参加する。なくなるとき、仏教の和尚さんにお経を読んでくれ最後まで見送る。世界中は、人間は宗教の信徒は、生涯を貫いて惟一の信仰を続けようと思われるが、日本人の宗教観は人に目たまが飛び出る。しかし、こう言う考えは悪くない。こうすると、ある特定のものにこだわず、自分にいいものならなんでも受け入れる。自分なり創造して、勉強する同時、自分のこだわりも放棄しない。かなり理性的に事物を取り扱う。中国の名作家魯迅はこういう考え方は「拿来主義」に名付けた。実用できるものなら何でも勉強すべきとは魯迅の主張である。中国は「大国」の身分を自慢したばかり、世界の流れに認識不足のは大きい問題だと指摘した。私は、「脱亜入欧」を提唱した福沢諭吉は欧米のことを全般的に受け入れようと思った。が、福沢諭吉は欧米人なら道徳上は野蛮だと主張する。日本は西洋の先進した実学と技術を勉強する同時、決して自らのいいところを捨ててはいけないと警告した。一般的に、弱い者は強い者の実力にショックされたあと、強くなるため、強いもののすべての行動を模倣する。けれども、日本は「民族の自尊」を強調する。古来と革新間のバランスを追求しつつ、巨大の衝突が起きても妥協しない。だから後の「和魂洋才」の理念が生まれた。もし、日本はグラスであれば、外来のおいいしいワインが来ると、グラスの中に注いた日本酒を少々出す。グラスの中で常においしいワインと日本酒が残る。旨み倍増だ。

 今の日本でも、節分やお盆など伝統的な行事を祝う。逆に、本家の中国は何もしない。とても残念だ。やはり過去の土台を踏まえばこそ、未来のことを見通す。ひたすらに受けいるの代わりに、外来物の粋を「拿来」して、消化して、自分のものにする。お寿司、和服と漫画は現在日本の国際舞台で使われる名刺であるとき、我々中国人はそれを手本として、反省すべきだと思う。

全てのカンファレンスへ  全ての学習レポートへ

このページの最上部へ