学習レポート

Students' Report

Home  >  学習レポート  >  交換留学プログラム  >  交換留学マンスリーレポート(2017年3月)

Students' Report 学習レポート

交換留学プログラム

 

交換留学マンスリーレポート(2017年3月)

学習面での状況報告

授業は3月6日から始まった。私達を含む語学留学生のクラスは初級クラスI・II、中級クラスI・II、高級クラスI・IIの合計6クラスあり、私はその中の中級クラスIで授業を受けている。そのクラスはあらかじめ割り当てられている訳ではなく、最初の1週間が体験期間のようになっているため各自でそれぞれのクラスに受けに行って決めるという形式だった。私は渡航前に先輩の話を聞いて最初中級クラスIIを受ける予定だったが、実際に受けてみると周りのレベルが非常に高く、ついていけないと感じたので中級クラスIに下げた。そもそもどのクラスも授業は中国語で開講されているので我々日本人にとってはどのクラスもハードルが高いように思えた。中級クラスIはレベルは少し落ちるが、それでもなお聞き取れないことが多く、とても苦労した。最近になってやっとだいぶ先生の言っていることが理解できるようになり、日々の学習の成果が見え始めているように思える。今月末には中間テストもあるのでまずはそれに向けて頑張りたい。

 

生活面での状況報告

2/28に長春空港に着くなり入国審査の際に言葉の壁にぶち当たった。何とかくぐり抜けたが、英語も全く通じない国で約半年間暮らすことに早くも不安でいっぱいになった。寮では岡山大学の端本君と同部屋になったので生活面の支障はあまりない。ただ銀行カードを作ったりするのには私達だけでは到底不可能なので、吉林大学の日本人の本科生に手伝ってもらっている。休日などには彼らや佛教大学、立命館大学から来ている日本人学生と一緒に飲み会に行ったりショッピングモールに買い物に行ったりして充実した日々を過ごしている。しかし、3月半ばから、長春の温度差の激しい気温や乾燥した空気になれずに体調を崩してしまい、3日間ほど授業を欠席してしまうといったことが起きたのであまり遊びすぎ睡眠を多く取るといったことをして体調管理にも十分に気をつけねばならないと痛感した。また食事についても現地の食事の味付けは辛く脂っこいため、こちらに来て最初の方はお腹を壊して薬を飲むこと多かったので、食べ過ぎには注意したい。日常生活の中で中国語を使う機会が増えて来たので、学習に重点を置きつつも短い留学生活を楽しんで充実した留学生活したい。

全ての交換留学プログラムへ  全ての学習レポートへ

このページの最上部へ