学習レポート

Students' Report

Home  >  学習レポート  >  交換留学プログラム  >  マンスリーレポート 2018年5月

Students' Report 学習レポート

交換留学プログラム

 

マンスリーレポート 2018年5月

【学習面の状況報告】

 総合の授業で新しい課文に入るたびに、音読がある。

予習してきているかの確認、発音の確認を先生がするためなのだが進度がとても早いのでほぼ毎週行われる。

発音を含めて口語(スピーキング)が自分の課題だとわかっていても、キツい。教科書の内容自体は興味深いもの

が多いのだが、内容が数年前のままで改訂されていないようで授業中に先生が、現在は違う、といって解説され

ることも多い。教科書にテレサテンが登場したり、日本の食文化が間違って登場する(麺類を音をたてて食べるの

は老人に多く、若者はしない と記載されていた)あたりは中国ならではだろうか。麺類の食べ方については、

そうなのか?と先生に質問されたので、違う、老人だけでなく若者もする、と答えたら、日本に行ったことのある

他国の留学生が、美味しいことの表現だよ、僕もしたよ、とフォローしてくれるなど、授業を通して色々な国の

文化を垣間見れることは面白い。

 

【生活面での状況報告】(サークル活動・イベント・旅行など)

 吉林大学主催の作文コンテストがあり参加することにした。写作の先生に指導を受けたのだが、

中国の先生方は非常に熱心だと感じる。授業以外の時間でもwechat での質問等は24時間、土日でも可能だ。

親切で熱心なのは、ここ東北地方の特徴だ。春になったとはいえ、温かくなったり寒くなったりするので、

体調を崩すクラスメイトが多い。私は暖かくなって昼御飯のあと睡魔に襲われるようになったので昼寝をする

ようにしている。午後に授業のあるときは昼御飯を軽めにして睡魔に襲われないように調整している 笑。

留学も残すところ1ヶ月強となってきたので、体調にだけは十分注意したいと思っている。

先日、吉林省内で地震が発生した。地震初体験の留学生は飛び起きて避難したようなのだが、私は気づかず

ぐっすり寝ていた 笑。

全ての交換留学プログラムへ  全ての学習レポートへ

このページの最上部へ