学習レポート

Students' Report

Home  >  学習レポート  >  交換留学プログラム  >  マンスリーレポート 2019年10月

Students' Report 学習レポート

交換留学プログラム

 

マンスリーレポート 2019年10月

【学習面の状況報告】

時間の経つが速いと、マンスリーレポートを書くたびに感じました。留学期間はすでに8ヵ月経ち、あと4ヵ月だけ残っています。今月では韓国語3級を終了しました。無事に4級へ行けることに嬉しいと思います。韓国へ来る前に韓国語能力試験5級を取ることを目指しました。来年の1月に受験してみたいと思います。

3級は難しいとは言え、おもしろかった。地下鉄に乗るときか、百貨店へ行くときのアナウンサーを気づけば、授業で勉強した文法がたくさん出てくると分かります。勉強したものは日常生活でも使えるなあと思って、満足感がいっぱいです。1級と2級は全部クラスで1位を取りましたので、今回も1位を目指しましたけど、残念ながら2位でした。初級の時のクラスメートは大体韓国へ来た後、韓国語を勉強し始めました。3級では、すでに自国で勉強したことがある人が多い。3級の単語は中国語と似っているため、覚えやすかった。文法のほうも、日本語と似っている部分が多かった。中国語と日本語両方できる私にとって理解しやすかった。3級の期末試験では、文法と聴解は予想通りの点数をもらいましたが、スピキングはよくできませんでした。自分のスピンキング能力をアップさせないといけないと痛感しました。韓国に住んでいると言っても、周りは日本語と中国語と英語を喋っている人が多く、あまり練習のチャンスがない。さらに韓国人のバディと日本語と英語で交流しており、買い物の時だけ韓国語が使えます。4級では、とりあえずスピキングを練習するという決心をつけました!

論文のほうですが、そろそろ副指導教官と審査員に論文の草稿を送って、コメントをもらわなければならない時期です。28日に田口先生から「できるだけ修正できるところを修正しておきたいので、11月10日前に送ってください」という連絡が来ました。韓国語の勉強も重要ですけど、論文のほうがもっと重要なので、11月では論文を中心に、勉強生活を送りたいと思います。

【生活面での状況報告】

10月に入ると天気がどんどん寒くなって、朝なかなか起きられない。3級の教室はキャンパス外にあるため、登り坂を登らなくても済みました。4級の教室はまたキャンパスに戻され、山の頂点くらいのところにあります。教室を変わっただけではなく、先生も変わられました。とても短い時間中にせっかく先生の教え方と授業のテンポについてのに、また最初から慣れないといけない。5日はバディの誕生日で、一緒に光化門の近くにあるメキシカン料理を食べました。ついでに夜の景福宮を見学しました。前回はお昼に行ったけど、今回夜の景色はもっときれい。光化門の近くに立派な建物がいっぱいあります。いつかこのような建物の中に仕事をすればいいなと思います。

18日に仕事の面接を受けました。実家の大連のあるオーガニックフード会社です。面接を受ける前に会社についての情報を調べ、以前面接したときの資料を探し出しました。ビジネス用語も少し練習しました。大手会社ではないけど、近年結構発展している会社で、大連において給料は悪くない。面接の結果はまだわかりませんが、仕事の内容と私の性格は会うかなと心配しています。やはりフードより、人を助けてあげる仕事に就きたい。なるべく大学で働きたいという心が変わっていません。どんどん面接を受けて、好きな仕事が探せば幸せだと思います。

10月は韓国語3級の後半に入ってて、ほぼ毎週試験がありまして、なかなか遊びの時間がなかった。11月も論文のため多分遠く行けないと思います。今はよく勉強し、まじめに論文を書いて、冬休みに遊ぼうと思います。

全ての交換留学プログラムへ  全ての学習レポートへ

このページの最上部へ